2006年01月23日

水上宝台樹スキー場に行ってきました。

1/22(日)、初スキーで『水上宝台樹スキー場』(群馬県水上)に行ってきました。

買って初めて履く板と、買って初めて着るウェアも楽しみ。
天候は悪い、というか、曇り時々雪との予報ですが、どうでしょうか。

DATA 水上宝台樹スキー場

当日の天候:なんと晴れ。でも帰る時は吹雪

hare.jpg

行きの道路状況:横浜→関越水上ICまでチェーンなし。ゲレンデ直前でチェーン着用。
帰りの道路状況:吹雪のため宝台樹から水上ICまでチェーン。以後チェーンなし。


前日の横浜は、これまた珍しく結構雪が降っていて、出かけることを躊躇するほど道路に積雪が。
朝起きて、道路を見てから行くかどうか決めようか、ということにしていて、まあ行けるかな?というような道路状況。
ところどころ凍結しているような気もしましたが、決行することにしました。

朝8時30分 横浜発

国道246号線→環状8号線(空いてた^^)→関越自動車道(練馬)

主要幹線道路は、さすがに雪の問題なし。
関越を走っていて、ふと気が付く。嵐山など、雪の気配がない。
降る所は降る、降らない所はまったく降らないのかもね。
行きの関越は問題なし。
一般道に下りて、しばらく行った後、宝台樹までの最後の信号『粟沢?』から先はノーマルタイヤでは無理だと思われます。

ゲレンデ到着は、11時30分頃。
渋滞なしなので、順当な到着時間でしょう。
第1駐車場は満車、第2駐車場へ。駐車代金1,000円なり。

微妙な時間帯で、リフト件の購入をどうしようか、しばし考える。
公式サイトにあるエンジョイパックは、1日券+食事券で3,700円。午後券が3,000円。

食事券の値段次第では、午後券を買うよりお徳かも!?

というわけで、リフト券売り場のお姉さんに突撃。
『それは、800円の食事券付ですね。』
…100円…お徳か…

しかし、さすが第1駐車場が満車なだけあって、この時間帯はレストランも混み混みでした。
で、まずは滑ろうということになったので、やっぱり1日券は正解でした。

hare2.jpg

本当に天気がいいです。新しいウェアも、気に入っています。

しかし。。。

せっかくのお気に入りのテディベアスキーボードは、わたしとの相性が良くありませんでした
テディベアの前に使っていたELANのファンスキーと同じ障害、左足に激しいブレが発生します。
とにかく、左足の疲労度が半端ではありません。
結局、妻の板と交換。テディベアの板は、2回の滑走で手放すことに。
妻の板とわたしは非常に相性が良かったので、これで正解かな、と思います。


お昼は、ゲレンデ中ほどのポラリスで。
外には『十割そば』の旗が。
まあ、ゲレンデの食事に多くは期待していませんから。


スミマセンでした。


生意気でした。ごめんなさい。ここのおそば結構いけます。
つゆは少し濃い目ですが、そばのコシといい、十割そば特有の短いそばといい、なかなかのものでは?
写真撮影を忘れましたが、かきあげそばが食事券の800円で注文できます。


宝台樹では、おそらく有線が流されているのですが、リフトに乗っている時に流れてきた「粉雪/レミオロメン」のサビの部分「こな~ゆきぃ~」と歌ったら、思いのほか声が大きく、しかも自分で分かるほど音程を外していて妻に怒られたり、修二と彰の歌が流れてくれば、振りを大袈裟に真似すぎて、後頭部をリフトの支柱に強打して悶絶したり。。。

そんなことがあって、時間も経過して、そろそろ最後のすべりに突入というときに、事件が起こりました

リフトを降りて振り返ってみると、いつも後ろにいる妻がいません。
降りてすぐのところで、なんだか足をかばうような動きをしています。
なんでも、リフトから降りた時に、左足のどこかを痛めた模様。
そんなバカな!リフトから降りるだけで捻挫?うそっ
でも、本人、泣きそう。
パトロールを呼びました。

pat.jpg

ひまっだったので、撮影しておきました。
パトロールのお兄ちゃんが、妻を乗せるために自分の板とストックを残していかざるを得ず、そのまま走り去ったので、ぽつんと残ったわたしと板とストック。
どうせまた取りに来るのだろうと思ったので、担いで下山。
根本的な原因は不明なので、治療は地元横浜でするとして、湿布などの応急処置でおしまい。
本日のスキーもこれにて終了!

と、外は、昼間の天気とは正反対に舵を切り、吹雪になりつつある。なんかヤバい。
早期撤退を、と走り出してすぐ、ゲレンデで行われていた番号抽選の確認をしていなかったことに気づく。
帰ればいいのに、引き返すわたしたち。


1日券ゲーーーーーットォ!


ええ、自分でもウソじゃないかと思いましたよ。
中途半端だな~1日券1枚って。

いえ、水上宝台樹、いろいろありましたけど、楽しかったですよ。

特にパトロールのお兄さん、お世話になりました。ありがとう。

【おわり…では、寝ます。】

タグ:スキー
posted by みやさん at 02:08| Comment(1) | TrackBack(1) | 体を動かす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凸さん、なにかの拍子に操作を誤って、コメントを消してしまったみたいです。
ごめんなさい、ごめんなさい。
妻の心配をしてくれたいい人だったのに…うっうっうっ
Posted by みやさん at 2006年02月02日 12:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12102665
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

水上宝台樹、雪に埋もれそうなリフト
Excerpt: 今日(20日)は、水上宝台樹スキー場へ行きました。 正月2日に尾瀬岩鞍行って以来のスキーなので、クローズされるまで滑ってきました。 往きは、R50号→R353号(赤城山南側)→R17号を..
Weblog: SKI DIARY
Tracked: 2006-01-25 20:05